名月の夜やさぞかしの宝池山

芭蕉 月待ちの湯 トップページ » 天然温泉

天然温泉

温泉の種類について(男女共通)

温泉の種類について

源泉ぬるま湯、露天風呂、中温風呂、高温風呂、サウナ風呂、水風呂、かけ湯

温泉分析

泉温 32度
泉質 アルカリ性単純温泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復

露天風呂

岩風呂と石風呂の2種類の露天風呂があります。週ごとに男女交代となります。
周囲の山々を望むことができ、情緒豊かな露天風呂です。
それぞれ、露天風呂には松尾芭蕉の句碑がございます。

中温風呂

中温風呂

源泉かけ流しで加温をしております。
寝湯・ジェットバス・泡風呂などがあります。

源泉ぬるま湯温泉

露天風呂

pH値9.91の強いアルカリ性の泉質と、泉温32度のぬるい温度であるため、長時間ゆっくり入浴でき、高いリラックス効果が期待できます。

アルカリ性の温泉は、角質を軟化させ肌がスベスベつるつるになるようで、特に女性からご好評をいただいております。

サウナ

サウナ

体内の老廃物排出と血行作用を促進します。
それにより美肌効果、肩コリ首コリ軽減、安眠効果などが期待できます。
※サウナ室内は、5名迄の利用制限を行っております。